本文へスキップ

管理費削減・管理会社変更のコンサルティングはおまかせください!

0120-755-621

お客様相談専用ダイヤルです
(受付センター)月~金曜10~17時

横浜市内小規模マンションの管理経費削減及び大手管理会社への変更コンサル成功

投稿日:2006年02月01日 作成者:瀬下義浩 (1040 ヒット)

横浜市内14戸投資型マンション管理組合、19.5%・年間約40万円強の管理委託費・メンテナンス費用削減及び大手管理会社への変更成功!!

耐震性を確認したい管理組合のためのフローチャートを国交省が発表!

投稿日:2005年12月10日 作成者:瀬下義浩 (1049 ヒット)

構造計算書の偽装問題が加熱する中、管理組合の建物安全度確認要望が高まってきており、国土交通省マンション管理対策室では(財)マンション管理センター及び(社)高層住宅管理業協会並びにマンション管理士団体連絡会に呼びかけ、連携してマニュアルを作成して相談に対応することになった。
→建物安全度確認のため、管理会社への図面確認がマンション業界全体で進行していますが、それでも不安な管理組合のために、マンション管理総研では鉄筋調査をお受けいたします。お申込は左の「お問い合わせ」より!

脅威的な結果!竣工1年のマンションが、向こう30年積立金値上げ無しに!!

投稿日:2005年11月16日 作成者:瀬下義浩 (1154 ヒット)

マンション管理総研が埼玉県内の竣工1年約100戸のマンションを適正化コンサルタント実施、長期修繕計画表の見直し修正もし、向こう30年間の修繕積立金の引上げが不要との結果を得ることができた! 総会には数十人の管理組合員が出席したが、驚異的な結果に質問さえもまばらで、即座に満場一致の承認となった。
また、同マンションでは竣工後のアフター点検立会いもマンション管理総研に依頼し、素人だけで販売会社及び施工会社並びに系列管理会社にいいようにあしらわれないですんだことに、 非常に満足の結果となった。

マンホール転落死事故、管理会社社員を送検!

投稿日:2005年09月26日 作成者:瀬下義浩 (1287 ヒット)

京都で起きたマンション内マンホール女児転落死事故について、管理会社のフロント担当、設備担当、管理員が業務上過失致死で京都地裁に書類送検された模様。
本件は本年2月に排水ポンプが故障し、管理会社として改修見積りは管理組合に提出していたが緊急工事としての対応をせずに、雨天の際に応急処置としてマンホールから簡易ポンプで排水していたが、管理員が腰を痛めたために、ホースをつないだままの状態にされていた模様。
管理組合理事長は、管理会社に業務委託していたとの判断で、管理者としての責任は問われない模様。

管理組合が管理会社を提訴!それも2件!!

投稿日:2005年09月08日 作成者:瀬下義浩 (980 ヒット)

1.業界筋の報道によると、金沢のマンションで元理事長の管理組合資金5,800万円業務上横領事件において、管理委託契約に違反する債務不履行があったとして、6月14日、管理会社に対して被害相当額の損害賠償金支払を提訴した。

2.仙台でも7年ヶ月にわたって約3,600万円の管理組合資金を前理事長が横領したとし事件に対し、前理事長と管理会社に対して被害相当額の損害賠償を求める訴えを起こした。

マンション管理総研が「夕刊フジ」の保存版記事に登場!

投稿日:2005年08月12日 作成者:瀬下義浩 (979 ヒット)

8月11日付けの夕刊フジの「EVENING Premium」(保存版)に“マンション管理費はもっと安くできる!?”の特集で、マンション管理総研が取り上げられました。
これまでの実績(以下)が紹介され、所属のマンション管理士の取材内容が掲載されています。
・東京都内/築25年/25世帯ファミリー型マンション/
年間1,300万円→約650万円に
・埼玉県内/築12年/43世帯投資型マンション/
年間650万円→約500万円に
・千葉県内/築6年/150世帯ファミリー型マンション/
年間2,300万円→約1,500万円に
(資料提供・マンション管理総研)

東京・新川でビル外壁崩落!重軽傷者2名!!

投稿日:2005年06月16日 作成者:瀬下義浩 (1196 ヒット)

6月14日の報道によりますと、東京都中央区新川のオフィスビル斜壁が崩落し、重軽傷者2名を出しました。
築15年の地上8階地下1階建てのビルで、斜壁をを含み全面深目地タイル張りの建物とのことです。
崩落したのは4~5階部分の斜壁で、縦約5メートル、横約7メートルの範囲にわたって滑落した模様。
当事務所の見解による原因と思われることは、次の事由です。

1. 斜壁部位がタイル張りであり、一般壁よりも早期の改修工事周期であったか。
2. タイルの張り付けモルタルが、斜壁という理由であるからか、通常(約30mm)よりもかなり厚く塗られており、その重量に耐えかねた。
3. 張り付けモルタルの下にアスファルト系と思われる防水層があり、モルタルとの接着は疑問。

しっかりした管理会社であれば竣工15年も経過する前に、当然改修工事を提案されまるはずですし、それ以前に長期修繕計画が存在したはずです。

破綻管理会社を警察が捜査を開始

投稿日:2005年04月20日 作成者:瀬下義浩 (973 ヒット)

4月15日付けの業界紙報道によりますと、昨年破綻した東京都中野区の管理会社を業務上横領事件として、所轄警察署が捜査を開始した模様。
この管理会社は(社)高層住宅管理業協会の「管理費等保証機構」に加入しており、被害管理組合のは金額確定後から順番に被害保証がされる模様。保証金額の総額は6,300万円を越える見通しとの事。
保証金額査定の調査の段階で、業務上横領が明らかとなり、同協会は昨年12月に同社社長を刑事告発していた。

バナースペース

マンション管理総研

有限会社
S&Cタツミコーポレーション
〒144-0047
東京都大田区萩中3-13-8
アクセス(地図)
0120-755-621 (相談ダイヤル)
03-3743-5621 (ご相談以外)

管理状況無料チェック

あなたのマンションの管理状況を無料で安全度チェックいたします。

お申し込みはコチラ

特別レポート無料進呈

いずれか一つお選びください

■標準管理規約の実務的解説書
■管理費削減のための留意ポイント
■リプレース(管理会社変更)の重要ポイント

お申し込みはコチラ

出版本特別販売

管理組合役員の方も必見!
以下の出版本をHP特別販売!!
「マンション管理士の仕事術」
店頭価格の10%off
     +送料無料

お申し込みはコチラ